下地をしっかりと作り上げていく

おおよその時間を示しておきましょう。

最初に水(ぬるま湯)で顔洗うのが1分。泡立てて顔につけるのが3分とした場合に

次に顔をぬるま湯で洗い流すのは上で示した時間の倍をかけて洗い流すようにしましょう。

洗顔料が残っていると、その分がトラブルになってしまいます。

肌をきれいにするために洗顔料を使ったのに、その洗顔料のせいで肌を痛めてしまったら何の意味もありません。

洗顔は顔をきれいにする、清潔にすると言うイメージよりも、さっと汚れを洗い流すぐらいなものでいいのです。

残った洗顔料はかえって害になってしまいますので、しっかりと洗い流す事を心がけましょう。

 

「石鹸は少量で。顔洗う水の量は大量で。」、こういう感じで覚えておくと良いでしょうね。

顔の水を拭き取る時は、その洗顔料がもしかしたら残っていたら困るのでしっかりと拭き取ると言う方がいますがそうではありません。

しっかりと洗い流していれば、洗顔料が残るようなことはまずありませんので、最後のタオルを使うときは顔についている水分を吸収すると言う感覚で使うようにしましょう。

もう一度言いますが、拭き取るのではなく吸収する、というイメージを持つようにしましょう。

今の顔の状況は水分をすべてふき取った綺麗な肌の状態です。むしろ水分があまりなく余分な脂も取れてしまっているので、まるでそれは何もない更地のような状態ですものね。そうなってから初めて化粧水や乳液、美容液などをつけていくわけですから、下地をしっかりと作り上げるように心がけましょう。