これで仕上がりだ。

泡を立てて洗顔する方法については前回記載しました。ここまではたいていのかたが実践していて「目新しいことなんかないわね」といわれそう。

さあ、次の段階に進めていきましょう。

つけた泡をずっとおいておくのではなく、すぐに洗い流さなければいけません。泡をつけたままにしておくとしっかりと汚れが取れていいいのではないかと思う人がいるのですが、つけたらすぐに洗い流すぐらいの方がいいのです。

そして洗い流す時は、先程説明したように水ではなく、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

ただし、この場合のぬるま湯は先程のものと違って、少し温度を高めにするとよいでしょう。余分な脂分がその時に洗い流されるので、十分に温めたものを使うようにします。

この時に手のひらですくって顔を洗おうというわけですが、どちらかというと顔にかけるような感じでいいのです。

手のひらで顔を擦り付けるよな感じにしてしまうと、肌を痛めてしまいますし、せっかく泡立てた意味がなくなってしまいますので気をつけましょう。

顔にしっかりとお湯を当てることによって、十分に石鹸を洗い流したならばこれで完了です。後はタオルでしっかりと水分をふき取るようにしましょう。この時ももちろんタオルでゴシゴシと擦りつけることダメですね。

一連の動作は本当に大切な事ですので必ず守るようにしましょう。顔が綺麗になったというよりも肌をいかに傷つけないかということを意識するといいと思います。これだけでもだいぶ変わってきますよ。なんといっても女性の場合は化粧のノリが全く違ってきますものね。