泡立てたものをこうやってやればうまくいく

やっぱりなんでも基本が大切ですよね?洗顔のイロハをまず知ることから始めないといけませんものね。

さてなぜ泡立てるのかという点についてですが、 1つは汚れを浮き立たせるということもあります。

もう一つは余分な石鹸を使わなくて済むということもあります。

汚れを落とす意味で石鹸があるわけですが、あまり使いすぎると必要な油分まで奪い取ってしまう事にもなりますし、そのまま強引に擦りつけると肌を傷つけてしまうことがあります。あ

泡をつけることによって、余分な油と汚れをしっかりと包み込んでくれて、肌を傷めることなく洗顔することができるので泡立ては本当に大切な作業となります。

この際ご自身の手で泡立てることよりも、泡立てネットで十分に泡立てることが大切です。

細かい泡、モチモチとした泡を作り出すことが重要なポイントとなってきます。

全体的にまんべんなく泡を乗せていくというよりも油分が気になるポイント、例えば鼻の辺りやおでこの部分などいわゆるT-ZONEのところをしっかりと泡をつけるようにしましょう。

あごの部分などはむしろ毛穴が小さく、また毛穴自身も少ないのでそこを重点的に洗ってしまうと、余計に乾燥肌が進行ししまうことになり、風などに当たると刺激を受けて炎症を起こしやすくなりますので、どこの部分に泡をしっかり当てなければいけないのかという点については気をつけるようにしたいものですね。

同様に、目元や口元など皮膚の薄いところもあまりつけないようにしましょう。